M性感とは

日本にはありとあらゆる業種の風俗店が存在しています。
そこで働く女性であっても、利用する男性客であっても、風俗店にいる以上は常に性病とは隣り合わせの状態になっているのです。
そのありとあらゆる風俗店の業種の中で、「M性感」という業種の風俗店は性病リスクがほとんどないといわれています。
この「ほとんど」と記しているのは、お店によって「フェラチオ」がオプションとしてあるお店とないお店に分けられるからなのです。
それを除けば性病リスクが非常に低い業種の風俗店になりますので、心配症の女性でも比較的安心して働くことができるといえるでしょう。

そもそもこの「M性感」とは、男性客は受身の状態の風俗店になってきます。
基本的に女性側が責めて、男性を気持ちよくさせるお仕事になります。
一般的なヘルス店の場合は、男性側が胸を揉んだり、乳首を舐めたり、膣に指入れしたり、キスしたりといったサービスが普通なのですが、「M性感」は少し違ってくるのです。
女性側が男性の「前立腺」や男性の「アナル」を責めたりしながら、男性をオーガズムへと導いていくのです。
「前立腺」や「アナル」という言葉が出てくるあたりが少し特殊な風俗店だといえます。
ちなみに、この2つはきちんと道具を使って責めることが多いですので、性病リスクも低く安心ができるといえるでしょう。
女性側が男性の色々な性感帯を刺激しながら、通常の射精とは少し違うオーガズムへと導きますので、一般的な風俗店よりも少しだけ専用のテクニックが必要なお店となるのです。

この「M性感」は昔から根強い人気がある風俗店のジャンルなのですが、2012年頃からより人気が出てきたといわれています。
「M性感」は通常の射精とは少し違って男性がオーガズムを体感できる風俗店ですから、一度その快楽を知ってしまった男性は「M性感」の虜になってしまうのです。
男性と女性が絶頂の気持ちよさに大きな差があるのは有名な話でもあります。
女性は男性の3倍~100倍もの気持ち良さを体感しているといわれていますから、オーガズムを知らない男性が一度それを知ってしまったら虜になってしまうのは簡単に想像がつくと思われます。

「M性感」の風俗店は、風俗店ランキング上位にまったくランクインしていませんでしたが、ここ最近では全然違ってくるのです。
大手風俗店が「M性感」のお店を大量に出店したり、出張型の「M性感」のお店が新規にできたりと近年多くなってきているのです。
やはり、女性を責めることに興奮を覚えてしまう男性にとっては少し物足りなさがあるのかもしれませんが、少しでもMの気質がある男性でしたら間違いなくハマってしまうジャンルともいえます。